• 超セット割
  • 原稿の書き方は?
  • 折込エリアの決め方と部数表
  • 全国折込価格表・折込部数表
  • よくある質問
  • スケジュールがしりたい etc
  • Facebook
  • 宣伝館オフィシャルブログ

データ入稿のご案内

  • HOME  >  
  • データ入稿のご案内

便利なツールのショートカット!!ぜひご利用ください。

  • Illustrator/Photoshopでの入稿の方はこちら
  • オフィス系(ワード/エクセル)
  • データ入稿かんたんチェックリストへ
  • 作業依頼書のダウンロード
  • GIGAPOD入稿のご案内

【重要】データ入稿の前に必ずお読みください。

『データ入稿』とは、そのまま印刷できる状態のデータを弊社へお送りいただくことを指します。『データ作成上の注意点』をご一読の上、当社環境で問題なく出力できるデータでご入稿ください。出力お送りいただいたデータに著しく不備がある場合は修正費用を申し受けます。また、納期が遅れる場合もございますので充分ご注意ください。

【重要】オフィス系データ入稿 ワード・エクセルでも簡単・便利・本格オフセット印刷

普段から使っているオフィス系データでのご入稿が便利になりました。ワード、エクセル、パワーポイント、一太郎等でのご入稿をご希望の方はPDFファイル変換後ご入稿ください。

  • ご入稿方法
  • データ作成上の注意点
  • 入稿チェックリスト

ご入稿方法

ご用意いただくもの

下記3点が当社に到着した時点で受付・作業開始となります。

1出力用データ 下記の注意事項をよくお読みになった上で制作してください。
2出力見本(カンプ) 最終のデータを原寸で出力してください。
出力見本がなければ、データが正確か否かがチェックされません。
データとして添付する場合はPDF・jpgにして必ずご支給ください(FAXでも対応可)。
3作業依頼書 下のリンクから作業依頼書をダウンロードし、必要事項をご記入ください。

ご入稿方法

下記いずれかの方法でご入稿ください。

郵便または宅配便 データはDVD、CD-R、USBフラッシュメモリ等の保存媒体でご用意ください。
出力見本、作業依頼書を添えて、下記までご送付ください。
宅配便の場合は必ずAM着指定をかけていただき、当社営業担当者名を必ずご記入ください。
【西日本エリア】
〒577-0065 大阪府東大阪市高井田中4-1-19宣伝館ビル
株式会社宣伝館 大阪本社
TEL.(06)4308-3300
【東日本エリア】
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-9-10 三忠堂ビル9F
株式会社宣伝館 東京支社
TEL.(03)3517-1122
Eメールまたは無料ファイル
転送サービスなど
  • データは必ず圧縮(zip、sit、sitx、lzh他圧縮形式)してください。
    圧縮したファイルには半角英数字の名前を付けてください。
  • 圧縮して5MB前後のファイルは、そのままメールに添付してください。
    5MB以上になる場合は、ファイヤーストレージファイヤーストレージ
    データ便データ便宅ふぁいる便宅ふぁいる便Giga File便Giga File便等のオンラインストレージサービスをご利用ください。
  • 出力見本(カンプ)に代わるものを添えてください。
    紙面全体の画像や文字を確認できるpdf、jpg等のデータ、または出力見本のFAXでも結構です。但し、pdfやjpgをお送りいただいた場合でも、これらを色見本として使用するものではありません。明らかな色化けが見受けられる場合はご連絡差し上げますが、色合いにつきましては原則としてデータ通りの出力となりますのでご了承ください。
GIGAPOD
GIGAPOD
  • データは必ず圧縮(zip、sit、sitx、lzh他圧縮形式)してください。
    圧縮したファイルには半角英数字の名前を付けてください。
  • 出力見本(カンプ)に代わるものを添えてください。
    紙面全体の画像や文字を確認できるpdf、jpg等のデータ、または出力見本のFAXでも結構です。但し、pdfやjpgをお送りいただいた場合でも、これらを色見本として使用するものではありません。明らかな色化けが見受けられる場合はご連絡差し上げますが、色合いにつきましては原則としてデータ通りの出力となりますのでご了承ください。

データ作成上の注意点

OS

Mac OS 推奨
Windows Windowsで制作されたデータは、出力に際して当社環境にて再保存するため、印刷結果に差異が生じる場合が稀にございます。なるべくMacOSでの制作をお勧めします。

アプリケーションソフト

AiAdobe Illustrator
推奨 作成したバージョンでご入稿ください。
※CS5以上の方はご相談ください。
対応 5.5 8 9 10 CS CS2 CS3 CS4
要確認 CS5・CS6・CC ※ご相談ください。
  • 配置した画像は、イラストレーターのデータと一緒に送ってください。
  • 貼り込み画像は「EPS」形式で保存してください。JPEG、GIFなどの出力には対応しておりません。
  • ICCプロファイルのチェックを外してください。
  • 配置画像の解像度は、原寸で300~350dpiを推奨します。
  • イラストレーターのカラーモードは「CMYK」で作成してください。
  • 不要なレイヤーは削除し、レイヤー・オブジェクトのロックは解除してください。
  • トンボは「トリムマーク(フィルタ→クリエイト→トリムマーク)」で作成してください。
    ※トンボ作成やトリムエリアでは作成しないでください。
  • トンボの外側に不要なオブジェクトを残さないでください。
  • ファイルには使用画像を含め、全て拡張子をつけてください。
  • 出力時にエラーの原因となりますので、孤立点は削除してください。
  • 極端にパスが多いオブジェクト(例えば筆文字など)はプリント出力やRIP処理ができない事があります。この様なデータは「フォトショップ」などで「画像データ」に変換してご入稿をお願いします。
  • スミ以外にオーバープリントを設定しないでください。 (注)スミ以外にオーバープリントが設定されていると予期せぬ結果が生じる場合があります。
PsAdobe Photoshop
対応 すべてのバージョン
  • レイヤーをすべて統合し、PSDもしくはTIFFまたはEPS形式で保存してください。
  • 1色刷の場合はグレースケール、その他の場合はCMYKモードで保存してください。
  • カラープロファイルのチェックを外してください。
  • 解像度は原寸で300~350dpiを推奨します。

フォント

すべてアウトライン化してください。フォントを添付されても、出力いたしておりませんのでご了承ください。

PDFPDF入稿
対応 PDF/X-1a:2001
PDF/X-1aの設定
Illustrator編
InDesiign編
Distiller編
  • PDF/X-1a:2001でご入稿ください。
  • 化粧断裁時はトンボ及び塗り足しが必ず必要です。
  • ご入稿前には必ずPDFのチェックを実施してください。
  • 絵柄は必ずドキュメントのサイズのセンターになるように作成してください。
  • 画像解像度等の詳細設定は、お客様側で充分に行ってください。
  • 特色版の使用はできません。CMYKプロセスカラーで作成をお願いします。
  • フォントは「埋め込み」もしくは「フォントのアウトライン化」してください。
  • PDFでご入稿の場合、一切の修正はできませんのでご注意ください。
    ※その他、上記対応以外のPDFはご相談ください。
IdAdobe Indesign PDF/X-1a:2001でご入稿ください。
QXQuark Xpress 現在、すべてのバージョンに対応できておりません。

制作サイズ

B判 輪転サイズ 正寸   A判 正寸
用紙サイズ 絵柄サイズ
B5 190×270mm 182×257mm 182×257mm   A5 148×210mm
B4 270×380mm 257×364mm 257×364mm A4 210×297mm
B3 380×540mm 364×520mm 364×515mm A3 297×420mm

B判《輪転サイズ(袋断裁)》と《正寸(化粧断裁)》について
袋断裁の仕上がりをご希望の場合は「輪転サイズ」、化粧断裁の仕上がりをご希望の場合は「正寸」で制作してください。

輪転サイズ(裁断機)

●制作サイズとトンボ位置(B4の場合)
下図の赤い線が「用紙サイズ(=断裁位置)」、緑の線が「絵柄サイズ(=印刷可能範囲)」です。

正寸(化粧断裁)

●制作サイズとトンボ位置(B4の場合)
下図の赤い線が「用紙サイズ(=断裁位置)」で、断裁位置いっぱいまで印刷が可能です。

但し、断裁ズレ等を吸収するため、文字などは赤い線(用紙サイズ)の内側3mm以内に
収めてください。また、上下左右(赤い線の外側)に最低3mmの塗足しを付けてください。

重要
雛形のダウンロード(Illustrator8.0)B版:B3・B4・B5/A版:A3・A4・A5
StuffIt形式 zip形式
輪転サイズ 輪B版S DOWNLOAD 輪B版Z DOWNLOAD
正寸サイズ 正B版S DOWNLOAD 正B版Z DOWNLOAD
正A版S DOWNLOAD 正A版Z DOWNLOAD
巻き三つ折A4S DOWNLOAD 巻き三つ折A4Z DOWNLOAD

色指定について

カラーの場合
  • 配置画像を含むすべてのファイルをCMYKで制作してください。
    RGBカラーは出力できません。出力時にCMYKに変更しますので色目が変わる恐れがあります。
  • 特色の設定で「スポットカラー」は使用せず分解して「CMYK」の組合わせ「プロセスカラー」で作成してください。
2色の場合
  • プロセスカラーのうちの2色で制作し、それぞれの刷り色を作業依頼書に明記してください。
    〈例〉マゼンタ+シアンで制作、M→DIC199 + C→DIC641 で印刷
  • スポットカラーの使用は、掛け合わせの設定が画面・プリンター等で確認できないため、避けてください。
  • 画像はCMYKモードで2色分版してください。
1色の場合
  • スミ1色で制作し、刷り色を作業依頼書に明記してください。
  • 配置画像はグレースケールで保存してください。

注意! 特色指定(DICナンバー等)の場合でザラ紙、上質紙等はインクが浸透しやすく色が滲みます。

その他の注意事項

  • 入稿データのバックアップは必ずご自身で保管してください。作業上のトラブルでデータが破損した場合の保証はいたしません。データに不備があり印刷に支障をきたす場合、修正費用を申し受けます。ご了承ください。
  • ディスプレイの色やプリンタ出力の色は、実際の印刷の色と異なります。カンプに色を合わせることはできません。シビアな色合わせが必要な場合は、色校正(有料)をお申し付けください。お預かりしたデータでの刷り上がりに極力近い出力見本を送付致します。ご覧いただいて、必要であれば適宜色補正を行ったデータを再度ご入稿願います。
  • 弊社におけるデータチェックの定義は「作成方法や処理等が、印刷や出力に適しているかどうか」を確認することです。よって法律や条例に準じているか、公序良俗に反していないか、必須事項の記載漏れがないか等、内容やデザインにつきましてはお客様の判断となります。仮に掲載内容に不備や問題があった場合でも、弊社では一切の責任を負えませんので、予めご了承ください。

入稿チェックリスト重要

初心者の方必見! プロでも多い単純ミス!
分かりやすい!解説付チェックリストはこちら

  1. 入稿メディア・作業依頼書・出力見本(カンプ)が揃っていますか?
    データの取り違えを防ぐため、「作業依頼書」には必ず「使用ソフトのバージョン」と「出力ファイル名」をご記入ください。
  2. 配置画像など、必要データがすべて入稿メディアの中に揃っていますか?
    画像データなど、入稿漏れがありますと再入稿となりますのでご注意ください。
  3. 入稿メディアに不要なデータ(ラフデータや使用しない画像など)は入っていませんか?
    誤ったデータを印刷してしまう恐れがあります。
  4. データは所定のサイズで作られていますか?また、原寸で作られていますか?
    サイズが正確でない場合、仕上がりの余白が広くなったり、断裁時に必要な部分が切れてしまう場合があります。
  5. 塗り足しは3mm以上作成されていますか?(化粧断裁で作成されている場合)
    断裁時に発生するズレを補正するために必要です。重要な文字等は仕上り線から3~5mm内側に収めてください。
    • 手順はこちら
  6. 画像や文字が絵柄サイズを超えていませんか?(輪転サイズで作成されている場合)
    輪転サイズでは印刷可能範囲と用紙サイズが異なります。弊社HPより雛形をダウンロードしてご利用いただけます。
  7. 「ファイル名」が長すぎたり、特殊文字を使用していませんか?
    ファイル名が長すぎると「文字化け」して「リンク落ち」など様々なトラブルの原因となります。①②㈱などの特殊文字も使用しないでください。
  8. RGB、スポットカラーのオブジェクトが残っていませんか?
    印刷は「CMYK」の4色で表現されます。それ以外の色が混入すると5色・6色扱いになり、印刷できません。1色や2色の場合、指定以外の色があるとそこだけ印刷されない場合もあります。十分にご注意ください。
    • 手順はこちら
    • 動画
  9. 0.3pt未満の罫線を使っていませんか?
    細すぎる線は表現できない可能性があります。
    • 手順はこちら
  10. 罫線の「塗り」に色を指定していませんか?(必ず「線」に色を指定してください)
    「塗り」に色指定した線は画面上では「線」のように見えますが、オフセット印刷では出力できません。
    • 手順はこちら
  11. フォントは全て「アウトライン化」されていますか?
    アウトライン化されていないと文字化けしてしまいます。アウトライン化する際は全てのロックを解除し、表示した状態で行ってください。
    • 手順はこちら
    • 動画
  12. 画像のフォーマットは適正ですか?
    モード→CMYK
    画像解像度→使用する原寸で300~350dpi推奨
    保存形式→eps(配置画像<PSD>データはレイヤーを統合してください)もしくはtif
    • 手順はこちら
    • 手順はこちら
  13. 不必要なオーバープリントのチェック入っていませんか?
    「スミ」以外にオーバープリントをかける(意図的に)場合は、その場所がわかるように別途ご指示ください。
    • 手順はこちら
  14. バックアップデータを保存してありますか?
    入稿データのバックアップを必ずお持ちください。作業上のトラブルでデータが破損した場合の保証はいたしません。
  15. CS5以上で制作されている場合は必ず担当営業にご相談ください。
    CS4へのバージョンダウンをお願いする場合がございます。
    • 手順はこちら
    • 動画
  16. ネット入稿の場合、データは圧縮されていますか?(メールやFTPなどご利用の場合)
    データを圧縮していない場合、データ転送の際にデータが破損する可能性が高くなります。